【マスタード@リトルインディア】ココナッツの器に入った人気のエビカレー

Pocket

・・・・・・ーー☆・・・・・・ーー☆・・・・・・ーー☆

ご覧いただきありがとうございます!
このブログはシンガポールに住むケチな夫と、食べることが大好きな妻による、生活紹介のブログ(食事がメイン)です✨
割と頻繁に更新しているので、ぜひまたお立ち寄りください💕

・・・・・・ーー☆・・・・・・ーー☆・・・・・・ーー☆

こんにちは!

今日はガイドブック等にも掲載され日本人に大人気なインドカレー「マスタード(mustard)」をご紹介します♡

 

お高めだけどおいしくてオシャレなインドカレー「マスタード」✨

先に結論からお伝えすると、こちらのインドカレーは味はとってもおいしかったのですが、お値段が(我が家にとっては)お高めで、「この値段だったらもっとボリュームがあってもいいんじゃない!?」と思ってしまうお店でした💦

ただ、店内はガイドブックを持った日本人や在住日本人でびっしりと埋まっていて、インド系の外見の方もスマホで日本語と英語両方お話されていて、日本人好みの内装・清潔さ・味付けであることは間違いありません 🙂 ✨

たまたまタイミングが良く予約なしで入れましたが、店内は満席で、空きができてもすぐに次のお客さんが来ていました 😯

ガイドブックにココナッツの器に入った異国感のあるインスタ映えするようなカレーが載っていれば行ってみたくなる気持ちもわかりますし、日本人の中で万人受けするような上品でおいしい味付けのカレーは駐妻ランチや小さなお子様がいる家族でも安心していただけるので、お高めの値段設定でも繁盛しているのは納得です 😉

 

HPはこちら

 

では詳細行きます!!

 

店舗情報
電話番号 +65 62978422
住所 32 Race Course Road,
Singapore- 218552
営業時間 Sunday to Friday:
Lunch: 11:30am to 3:00pm
Dinner: 6:00pm to 10:45pmSaturday:
Lunch: 11:30am to 4:00pm
Dinner: 6:00pm to 10:45pm

 

地図

 

リトルインディア駅(Little India)のE出口から徒歩約2分です!

 

外観

 

外観自体も、テーブルや電飾、看板等オシャレです。

 

店内

 

店内は想像より小さく、4人掛けテーブルが8個程度でした。

なので、確実に食べたい場合は予約必須です。
私たちはたまたま席があり(といっても店員さんがreserved席を無理やり離して席を作ってくれた感じ)待たずに座れましたが、旦那さんともこれは予約しないと厳しいね~と話していました💦

そして、ガイドブックを持った日本人の観光客は全員reserved席に座ったので、「今ってみんな海外旅行で行きたいレストランに予約するのね~✨」と感心してしまいました!

予約は電話がベスト!

というわけで、予約方法を調べたのですが、どうやら無料でネットで予約できるサイトはなさそうです…💦

日本語で「シンガポール マスタード 予約」と検索すると、某海外レストラン予約代行サイトでは人数×500円×消費税がかかり、某超大手旅行会社では手配量1,080円かかるらしい 😯 💦💦
すごくいい商売ですね…予約だけでこんながっぽりお金もらえるなんて~ 🙄

ただ、マスタードは片言の日本語を話す店員さんがいらっしゃったので、英語が苦手だけど手数料払うのはもったいない!という観光の方は、
店舗情報に掲載した電話番号に電話して、知ってる英単語と日本語を駆使して予約する(国際電話料金等は各自お調べください)
滞在ホテルのフロントにお願いして予約してもらう(ガイドブック見せて、紙に日付と時間書いてリザベーションプリーズとかブックプリーズって言えばたいてい無料で予約してくれます。ホテルによっては電話代とられるかもしれませんが、私は過去にホテルの人に予約頼んでお金とられたことはありません!)
がベストかと思います!!

在住の方はfoodpandaでデリバリー頼めるようなので、それを利用するのも良いかもしれません✨

 

メニュー

※表示価格に+(サービス料10%別途かかる)でした…💦

安くはないだろうとわかって入店したけど思ってたより高い 🙄
まあでもせっかく来たしね!と旦那さんとカレー、ナン、ジュースをオーダーしました✨

 

感想
Chingri Maacher Malai Curry(S$18.9)

読み方わかりませんが、「ココナッツプラウンカレー」と言えば、日本語で「エビカレーねぇ~」と通じました!

本当にココナッツの器できた~!!とテンション上がったけれど、上の部分がもっときれいな色だったらもっと嬉しかった…  🙁

辛さは選べて、私は「ノットスパイーシー!!」でお願いしました。

中には大き目でプリプリなエビがタップリ✨
これだけエビが入っていればまあ高くてもしょうがないのかな!と思いました!

辛くない味付けにしてもらったので、本当にマイルドでコクがあるココナッツカレーでした!
一切辛味なし♡
「ノットスパイシー」ではなく「レススパイシー」でもよかったかもというくらい、甘めのお味でした。

とってもおいしかったです 🙂

お店の看板メニューなのも納得。

 

Murgh Makhani(Chicken)(S$16.9)

バターチキンカレーが大好きなのですが、メニュー見てもどれかわからず「バターチキンプリーズ」って言って、レシート見たらこのメニュー名でした(笑)

うんうん、馴染みのあるバターチキンの見た目。

柔らか~いチキンがたっぷり入っていました!!

味は日本でもよくいただくバターチキンと同じような感じですが、振りかけてあるパクチーとの相性が抜群でとてもおいしかったです!
何より、チキンの量が多かったのが嬉しかった!

先ほどのエビといい、このチキンといい、メインの具がたっぷりなので、複数人で行ってシェアする場合はせっかくなら違う具材のカレー等をオーダーするといろいろ楽しめてよさそうです💮(私だけ具がなかった…なんていう悲劇が起こることもないでしょう)

 

Pizza Naan(S$6.9)とPlain Naan(S$3.2)

このレストランで一番納得がいかなかったのがこのナン達。

インドカレー屋さんでナン頼むと、「食べきれないよ!(実際は食べきれるけど)」っていうくらい大きなナンがでてくるイメージありませんか?
このお値段だし、それを想像したんですよね。

そしたら、写真だと伝わりにくいですが、丸くて小さめなナンでした…
半分にカットされた状態で提供してくださったので正確ではないですが、女性が大きく手のひらを広げたくらいのサイズでしょうか…💦

厚みも、よくいただく長くて大きなナンと変わりはないように感じました。

味もいたって普通なナン。
ピザナンは、ほぼ生の刻んだ玉ねぎとピーマンにチーズ(このチーズは割と濃厚でおいしい)がかかっているだけ。

これで税抜きで560円もするの!?という衝撃半端ない…

 

Alphonso Mango Lassi(S$6.9)

私たち夫婦はアルフォンソマンゴーが大好きなんです♡
シーズンになると週1くらいでムスタファセンターに買いに行くほど… 🙂

http://ritzkoyu.m32.coreserver.jp/sg-live.com/sg/alphonso/

なので迷わずアルフォンソマンゴーラッシーをオーダー!!(ただし、お高いので1つをシェア)

ラッシー自体の味がかなり濃厚でおいしかったです!
ただ、アルフォンソ感はそこまで感じず、これよくあるマンゴー味と違うの??という感じ。
でも十分おいしかったですけどね💛

 

評価

というわけで、何度も書いてますが、思い出作りや日本人の集まりで利用するには良いですが、「おいしいインド料理をたくさん食べたい!コスパ重要だよね!」という人には一度で十分なレストランかと思います。

 

雰囲気 ★★★★☆(内装もお皿もオシャレ)
味   ★★★★☆(日本人好みの味でおいしい)
コスパ ★★☆☆☆(味はおいしいけど量の割に高い!)



・・・・・・ーー☆・・・・・・ーー☆・・・・・・ーー☆

以下のサイトにシンガポールのお役立ち情報が掲載されたブログがたくさん紹介されているのでぜひそちらもご覧ください‼︎
にほんブログ村 海外生活ブログ シンガポール情報へ

・・・・・・ーー☆・・・・・・ーー☆・・・・・・ーー☆
Pocket




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です